わがままいもうと

  • 2018.05.26 Saturday
  • 10:19

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

「アイスクリームがたべたい」

 

という 病気の妹は

 

どんどん どんどん

 

わがままになって・・・。

 

お兄ちゃんは

 

そんな妹のために

 

東へ 西へ

 

大奮走!

 

お兄ちゃん、がんばれ!

 

おすすめ度・・・☆5

子供のハマり度・・☆5

文章量・・・少な目で読みやすい!

 

お兄ちゃんが学校から帰ってきたら、へんとうせんでねているいもうとがわがままをいってきます。

大人の立場になって考えてみると、とてもとんでもないほどのわがままが続いていきます・・・

お兄ちゃんはがんばっていもうとのわがままをかなえていきますが・・・?衝撃のラストへ!

 

もうね、お兄ちゃん。いもうとがかわいくて仕方ない様子。病気のいもうとがかわいくてかわいくて仕方ない様子。

読んでいると、そんなお兄ちゃんのファンになってしまいます。

ところどころに簡単な地図やお店の名前がでてくるので、お兄ちゃんの移動距離と動線を考えているとさらに面白くなりました。

 

読む内容には漢字は使われていないので、幼児から小学生低学年まで楽しめると思います。

 

作者の、ねじめ 正一さんは絵本だけではなく、小説や詩集エッセイなど、多くの文章作品を手掛けている方です。

・「高円寺純情商店街」により第101回直木賞を受賞

・第12回日本メガネベストドレッサー賞(文化界部門)を受賞

・詩のボクシング初代チャンピオン

・『まいごのことり』ひろすけ童話賞受賞

・『荒地の恋』中央公論文芸賞受賞

・『商人』舟橋聖一賞受賞

など他にも多数の作品があり、イベントなども積極的に行われているそうです。そして、野球の巨人ファンとしても有名なようで、熱心な長嶋茂雄信者であり、落合博満に関する本も出してるほど。

 

 

絵の村上 康成さんは、絵本やイラストレーションなどさまざまな作品を作り出している自然派アーティスト。

・「ピンクとスノーじいさん」(徳間書店) 1986年ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞
・「プレゼント」(文・長谷川集平・BL出版) 1988年ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞
・「ようこそ森へ」(徳間書店) 1989年ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞
・「なつのいけ」(文・塩野米松・ひかりのくに) 2003年第8回日本絵本大賞受賞
・「オタマジャクシのうんどうかい」(文・阿部夏丸・講談社) 2003年第14回ひろすけ童話賞
・「石のきもち」(ひさかたチャイルド) 2012年第3回ようちえん絵本大賞
・「おおきくなるっていうことは」(文・中川ひろたか・童心社) 2013年第4回ようちえん絵本大賞

 

静岡県の伊豆高原には村上康成美術館が、石垣島には村上康成絵本ギャラリーがあるようです。

様々な世界観での活動を行っておられるようなので、美術家やギャラリーも近くに行ったらぜひ寄ってみたいですね!

 

 

 

 

 

作: ねじめ 正一
絵: 村上 康成

出版社:教育画劇

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM